Loading...
近年、工場やプラント内の機器は電装化とIoT対応が進み、その結果、施設内での電気、制御、通信接続が増加しています。

建築施工現場では、電気工事は慣例的に最終段階で実施されることが多く、設計図面どおりに施工できない場合は、いわゆる現場合わせの施工が度々行われています。また、稼働している設備の改善工事では、停止時間を最短にすることが優先され、設計時の図面との整合性は軽視される傾向にあります。

このような現状は、国土交通省が推奨するBIM/CIMの目指す姿と乖離しており、徐々に課題視され始めています。

設備設計−工事計画−施工管理−保全−改善工事のプロセス全体を効率化することは、少子化対策や働き方改革としても有効です。そのためには、設備設計だけでなく配線工事自体も設計対象と捉え、その設計データを関係者で共有し活用することが重要になります。

現場合わせを支えている施工に関わる国内労働人口は、確実に減少しています。近い将来、工事計画のフロントローディングはより重要になるでしょう。

お困りごと

  • 設計時のラックや
    電線管の拾い
    作業が大変
    設計時に
    ケーブル経路と
    ケーブル長が
    簡単に設計できる
  • 施工時のケーブル長や
    経路が合わない
    部材表や
    ケーブルリストが
    容易に出力できる
  • 改修工事での
    現地調査が
    手間取る
    施工業者に
    図面で指示できる
  • 受注前の
    見積入札業務が
    できる担当が限定的
    設計環境として
    技術伝承ができる

デモムービー

このソリューションを構成している
サービス&製品