Loading...

XVL
XVL Studio WR
回路接続情報と連携した3D配策検討ツール

カタログダウンロード
XVL Studio WR
XVL Studio WRは、回路接続情報と連携した3D配策検討ツールです。
設備や機器、工場全体をラティス・テクノロジー社の超軽量3Dフォーマット「XVL」に変換し、電気CAD(E3.series)で作成した電気的な接続情報を反映することで、3D空間上でケーブルの配線経路を検討し、ケーブルを自動配線できます。
XVLでは直感的な操作が行えるため、3D CADに慣れていない方でも簡単に3Dケーブルを作成することができます。

XVL Studio WRを活用することで、試作機を使った実配線や現場合わせが主流だった配線設計をフロントローディングさせることができます。

ソリューション活用シーン

  • 試作の前に、生産技術部門電気設計部門の方が3Dモデルを活用して配線の妥当性検証ができる。
  • 3Dモデルを利用してるためリアルな配線長が算出可能、これにより資材発注担当者は無駄のない発注が可能に。
  • 生産技術部門の方がケーブル組み付けを含めた製造指示書を作成できるため、製造からの手戻りが削減。

主な機能

  • 配線対象の認識と接続情報の反映

    配線対象の部品は、メカCAD上で指定しておくとXVL変換時に配線対象として自動的に認識されます。電気CAD(E3.series)の回路情報をXVL上に反映し、接続情報(ラッツネット)として視覚的に表現します。回路情報を反映する際に、XVL上に対象部品が無い場合は、配線用の専用部品を自動で生成します。
    接続情報の反映

    自動配線

    接続情報(ラッツネット)を確認しながら、配線経路の通過点としたい場所に経路ガイドを配置し、始点・経路ガイド・終点を選択するだけで、干渉を考慮した自動配線が行えます。
    機器内配線

    配線結果の活用

    手配情報として、配線したケーブルの長さや重量、価格の一覧が出力できます。
    また、作成した配線形状からケーブルの製造・組立指示書が作成できます。
    工場内配線
  • 接続情報の反映
    機器内配線
    工場内配線