Loading...

点群モデルエンジニアリング

工場やプラント設備の現状を3Dデータにして提供するサービス
点群エンジニアリングサービスは、現物・現場をレーザースキャンで撮影した点群データを編集するサービスです。合わせて豊富な事例からお客様に合わせた点群データの活用方法についても提案します。

ソリューション活用シーン

  • 設備の入れ替え検討時に既存設備の撤去から新規設備の搬入のシミュレーションを実施し課題点を抽出
  • 点群や3Dデータでの検討結果を2D図面に切り出し、現場で使用
  • 点群データ内でケーブルを配線し、事前にケーブル長の算出を実施

デモムービー

点群データを活用した現場のデジタル化 | 再生時間:3'35" | 公開日:2021年7月1日

機能紹介

点群モデル

点群データはそのままでは1つの大きな塊であり、意味のあるデータではありません。
それを設備単位、機器単位、ケーブル単位といった意味のある単位で詳細に分割できます。(点群モデル)
点群モデルにより、不要設備の検討や撤去状態の再現、新規設備レイアウト検討といった様々な検証ができるようになります。

2D図面との合成

点群データと2D図面の合成ができるので、現物と設備の設置確認をする際に、3Dデータが無い状態でも2Dデータを合成することで干渉や障害物の確認ができます。

3Dデータから2D図面の切り出し

3Dデータでのレイアウト検討結果を2Dデータへ切り出し、出力することができます。
現場では2D図面が主流が現状の日本の製造現場に合わせ、3Dでの検討結果を2D図面に切り出し、出力できます。

点群データのポリゴン化

点群データは文字通り点の群体なので3Dモデルとして扱えませんが、必要に応じポリゴン化が可能です。
点群データを元にポリゴンデータを作成しモデルとして扱うことができます。