Loading...

生産設備の設計

電装設計のための専用CAD「E3.series」で、設計データを統合管理することで図面間の自動展開/完全同期を実現します。設計業務に完全なるデータ正の運用プロセスを確立することで、転記ミスを防ぎ手戻りや検図時間の削減に貢献します。

さらに、3D配策検討ツール「XVL Studio WR」を併用することで、電気とメカの情報を融合し、様々なフェーズでの空間配策検討ができるようになります。

試作における配策検討のデジタルモック化を行い、設計業務のDX化を実現します。

活用メリット

  • 設計情報を製品単位で一元管理することにより、電気図面間の情報をリアルタイムに連携させ、図面間の転記作業を撲滅
  • 超軽量3Dフォーマットを用いて、直感的な空間配策経路の検討を行い試作前にケーブル長を算出
  • 3Dモデル内での工程検討と、3Dデータを活用した製造指示書の自動作成により誰が作っても同じ仕上りを担保できる。

デモムービー

XVL Studio WR | 再生時間:0′00″ | 公開日:2021年7月1日

このソリューションを構成している
サービス&製品

XVLの製品をクリックすると、FDTコンソーシアム参画企業であるラティステクノロジー株式会社の製品ページにとびます。