Loading...

3D工事計画シミュレーション

工場計画の立案の際に設備図面の不備や、現場と図面の不一致などで、現状の把握や確認に時間を要し、工事計画が立てづらいとお悩みではありませんか?

図面やリストなどの成果物は各々連携しておらずミスが内在しており、手戻りや修正が発生し、工事費用の増大など様々な問題が発生しております。

3D工事計画シミュレーションは、現地・現物を意味のあるデジタルデータ化することで、現状把握や設備の搬入出の動線確認、ケーブルの配線経路検討といった、様々なシミュレーションをデータ上で行えるようにするソリューションです。シミュレーション結果は、他部門とのDRにも活用でき、懸念点・課題点を事前に潰し、そのまま指示や管理に活用できます。

活用メリット

  • 現地現物をデジタルデータ化し、データ上で事前検証ができる。
  • 関連する図面やリストが連携し整合性を保てる
  • 製造部門からあがった修正の適用範囲がすぐに分かり、ヌケモレなく対応できる。
  • データ上で設備の入れ替えシミュレーションができ、工期の短縮ができる

デモムービー

XVLによる工場の見える化 | 再生時間:2'07" | 公開日:2021年7月1日

ラインのレイアウト検討 | 再生時間:2'27" | 公開日:2021年7月1日

工事計画シミュレーション | 再生時間:2'07" | 公開日:2021年7月1日

このソリューションを構成している
サービス&製品

XVLの製品をクリックすると、FDTコンソーシアム参画企業であるラティステクノロジー株式会社の製品ページにとびます。