Loading...

E3. series

カタログダウンロード
E3 series
E3. series は、電気制御・電装およびケーブル、ハーネス設計のための専用CAD です。設計情報を⼀つのデータベースで統合管理するため、シンボル図形や部品、端⼦、コネクタなどのあらゆる情報が共有でき、各図⾯で必要となる情報を柔軟に引き出すことがきます。

ソリューション活用シーン

  • 一元管理された上流の設計情報を活用することで、他図面の半自動展開など設計の自動化・省力化が進み、設計工数が削減される
  • 各図面間はリアルタイムに連携し整合性が保たれるため、転記ミスや修正漏れなどが防げ、設計品質が向上する
  • 成果物として、CAD上の構成情報を任意のフォーマットで自動出力できるので後工程で活用できる
  • 拡張性が高く、公開されているAPIを用いたカスタムプログラムを作ることで独自の運用を実現できる

デモムービー

E3.series紹介動画 | 再生時間:12′38″ | 公開日:2021年7月1日

機能紹介

差分比較・改訂履歴更新

設計変更の前後のデータを比較して、差分箇所を洗い出すことができます。
差分箇所の近傍に設計変更のマークシンボルを配置し、専用ダイアログで変更事由や担当者名を入力すると、図面の改訂履歴欄が自動で更新されます。
また、改訂番号や図面中の変更箇所、変更日などは自動で値が入るので、気にする必要がなくなります。

ケーブル図作成

回路図で入力済の接続情報を元に、ケーブル両端の部品シンボルが配置された状態でケーブル図シートを自動で作成できます。
さらに、ケーブル図上では外装品適合チェック、バルーン番号設定、部品リスト生成などを自動で行うことができ、高品質なケーブル図を短時間で作成することができます。

盤レイアウト検討

盤レイアウト図では、他部品や禁止領域との干渉を考慮したレイアウト検討が可能です。
部品によって、板金への配置、レールへの配置、他部品上への配置を使い分けることができ、専用のツリーによって未配置部品の確認や、配置部品とその取り付け先の一覧の確認が可能です。図面間連携により、他図面での変更や削除も自動で反映されます。

成果物出力

設計情報を元に、多様な成果物が自動出力できます。部品表や布線表であれば、任意のExcelフォーマットを用いて外部出力可能です。
PDF出力では、シートツリーの構造がそのまましおりに反映されたり、E3.series上で貼られたリンクがPDF内でも保持されるので、CADの使えない環境でも容易に図面の確認が行えます。