Loading...
スマートファクトリーという言葉が定着して数年が経ちました。生産現場では、IoT(Internet of Things)やRPA(Robotic Process Automation)、モニタリングとAIを用いた予知保全など、新たな技術導入が進んでいます。

しかしながら、これらの施策も現状抱えている課題の解決や改善で終わっていることが多いことも事実です。本来のスマートファクトリーとして目指すべき姿は、圧倒的な生産性向上や国内現場の喫緊課題である人手不足の解消、働き方改革への対応、技術伝承への貢献ですが、そこまでに至っていない企業がほとんどです。

その大きな原因として、スマート化を実施する前の“現状の見える化”ができていないことがあります。つまり、設備配置や電気の接続関係、人や治工具の配置などが、データ化されていない状態のままスマートファクトリーを標榜した対策を実施していることがあげられます。

本来のスマート化には、現状のデータを関係者で共有し、あるべき姿を設計する環境が必要です。この生産現場のフロントローディングともいえるアプローチには、“現状の見える化”が欠かせません。さらに、生産現場の見える化には、従来どおりの平面図面だけではなく、3次元データも併せ持つことが効果的です。慣例的な業者任せや現物合わせから脱却し、Digital Twinとして生産現場のデータを活用することが様々な効果をもたらします。

お困りごと / できること

  • 生産現場全体の
    配置と接続関係が不明
    現状ラインが把握でき
    関係者で共有できる
  • 新設備導入や
    工事が業者任せ
    自社で
    設備変更工事を
    ある程度
    計画できる
  • 海外拠点の
    現状が不明
    現地に行かずに
    調査や検討できる
  • 新規ラインの
    生産能力が曖昧
    シミュレーションで
    生産能力が
    把握できる

デモムービー

資料ダウンロード

ホワイトペーパー
「IoT時代の電気・電装設計におけるXVLの優位性と事例
 ~フル3D設計の限界と現実解~」
株式会社図研 オートモーティブ&マシナリー事業部
取締役 オートモーティブ&マシナリー事業部長 大澤 岳夫
この資料は、「3D で実現するデジタルトランスフォーメーション / ここまで来た、XVL パイプラインの全貌」 をテーマに開催された 「XVL 3次元ものづくり支援セミナー2019」 (主催:ラティス・テクノロジー株式会社)での講演内容をまとめたものです。

このソリューションを構成している
サービス&製品

XVLの製品をクリックすると、FDTコンソーシアム参画企業であるラティステクノロジー株式会社の製品ページにとびます。