Loading...
IoTやビックデータなどのデジタル・テクノロジーを利用して、モノづくりの世界を根底から変えるDigital Transformation (DX) への取り組みが叫ばれています。

しかし、現実の工場やプラントでの生産技術、保全、工事計画担当者の業務は、どうでしょうか。多くの現場ではまだまだ属人的な業務になっています。一方で、働き方改革や人手不足、技術伝承などの社会的な課題への対応はほとんどの企業で待ったなしの状況になりつつあります。

図研は工場やプラント、建設工事などの製造現場の実情を踏まえたリアリティーのあるDXに向けて、様々なソリューションを展開いたします。
生産現場の
見える化
工場の生産設備をまるごとデータ化して、生産技術、保全担当者が工場生産設備の管理・保守を効率よく行えるようにするためのソリューションです。

  • ・企業の生産技術部門で働く方
  • ・エンジニアリング会社で設備の設置を担当される方
  • ・工場内の製造ラインのレイアウトを検討する方
配線工事計画の
見える化
将来に渡ってプラントの柔軟性と拡張性を確保するため、もっとも重要と言える配線工事計画の見える化に特化したソリューションです。

  • ・工場・プラントの工事計画を立てる方
  • ・工事の資材発注を担当される方

Event & Seminar

資料ダウンロード

ホワイトペーパー
「IoT時代の電気・電装設計におけるXVLの優位性と事例
 ~フル3D設計の限界と現実解~」
株式会社図研 オートモーティブ&マシナリー事業部
取締役 オートモーティブ&マシナリー事業部長 大澤 岳夫
この資料は、「3D で実現するデジタルトランスフォーメーション / ここまで来た、XVL パイプラインの全貌」 をテーマに開催された 「XVL 3次元ものづくり支援セミナー2019」 (主催:ラティス・テクノロジー株式会社)での講演内容をまとめたものです。